手術案内

白内障手術

 
濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し、人工水晶体となる眼内レンズを入れる手術です。麻酔は、目薬による麻酔が主になる局所麻酔です。手術時間は、通常約15分程度です。
 
 
詳しく見る
 

日帰り硝子体手術

 
水晶体後方にあり、眼球内の大部分を満たしている無色透明なゼリー状の組織である硝子体になんらかの原因で網膜の牽引や炎症、出血、混濁などの病的な組織を取り除き、網膜に光が到達できるようする手術です。
 
詳しく見る

眼瞼下垂

 
まぶた(眼瞼)が下がることでまぶたを開けにくくなる病気です。ほとんどは加齢によるものですが、ハードコンタクトレンズを長年使用していたことも原因の一つと言われています。下がったしまったまぶた(眼瞼)をあげて矯正する手術です。
 
詳しく見る
 

涙管チューブ留置手術

 
涙の通り道(涙道)が詰まってしまい閉塞することで涙目または目やにが出ることがあります。そのため、閉塞した涙の通り道(涙道)に内視鏡を用いてチューブを挿入し留置する手術です。数ヶ月間、留置しその後チューブを抜去します。
 
詳しく見る

その他の手術

 

乱視矯正手術、霰粒腫摘出術、翼状片切除術、緑内障手術、 等

 
詳しく見る