HOME > 満尾眼科 > 眼科一般診療について

眼科一般診療について

眼科一般診療内容

 
 

症状について

白内障とは

眼球の前方にある凸レンズが混濁した状態です。
混濁することによって見辛くなったり、眩しくなったり、又眼鏡があわなくなったりと、日常生活に様々な不便をきたしてきます。
白内障の手術は、近年めざましい器材の進歩で、非常に安全な手術の一つとされています。手術が必要か否かもご相談させて頂きます。
 
 

緑内障

 眼球で見た像や視野の情報を脳に伝える視神経の繊維の束が弱くなる状態です。
主に 
・自覚症状が全くない緑内障  
・突然眼圧が上がり、見辛さ・眼球の痛み・頭痛や吐き気が出現する緑内障
があります。
 前者は点眼薬治療を後者は手術が必要になります。
近年年齢とともに発生頻度が高くなっています。
早めの治療をおすすめします。
 
 

ドライアイ(角膜乾燥症)

「乾いた感じがする」といっても症状は様々。
見辛い・ごろごろする・パサパサする・痛い!・目やにが出る・涙が出る・・・。
気になる症状がありましたら、ご相談ください。
 
 

ものもらい

・麦粒腫
・霰粒腫
・マイボーム腺梗塞
おおよそ、この3種のいずれかを皆さまは「ものもらい」と言われます。
似ているようで対処は異なりますので、まずは正しい診断が大切です。
霰粒腫は手術が必要になることもありますので、是非ご相談ください。
 
 

眼瞼下垂

瞼が下がって見辛い症状はございませんか?
原因によっては手術の適応になります。その手術も、個人個人に適した手術が必要になります。ご相談下さい。
 

提携・紹介病院

  • 国立病院機構横浜医療センター
  • 横浜労災病院
  • 慶應義塾大学附属病院
  • けいゆう病院
  • 秋山脳神経外科病院

 
 精密検査や当院で不可能な手術治療などが必要な場合には、患者様やご家族とご相談の上、適切な病院機関をご紹介させて頂いております。
又、患者様の要望がありましたら、ご希望の病院へのご紹介も致します。